5/29(月)20:30~タミクレスト(TAMIKREST)来日記念【トークショウ&ミニライブ&サイン会】開催決定!

5/29(月)20:30~

タミクレスト(TAMIKREST)来日記念!

【トークショウ&ミニライブ&サイン会】開催決定!

 

 

サハラ砂漠で生きる民の希望を世界に発信するタミクレスト。砂漠のブルーズよりさらに遠く、「砂丘の裏側」から日本にやってくる。

Tamikrest, la voix qui porte l’espoir du peuple touareg dans le monde. Encore plus loin que le “Desert blues”,

un son de l’autre cote des dunes qui arrive jusqu’au Japon.

『TAMIKREST Japan Tour 2017』(Tuareg from Azawad)+ 「Caravan to the Future」
-SOUL BEAT ZERO Japan Tour 2017-

 

 

 

HMV record shop渋谷では、この素晴らしい来日を記念して、トークショウ&ミニライブ&サイン会が開催決定!

 

画像に含まれている可能性があるもの:7人、立ってる(複数の人)、テキスト

 

 

 

参加無料ですので皆様ぜひお越しください!

 

 

 

【日時】2017年5月29日(月)20:30 開演予定

 

【会場】HMV record shop 渋谷

 

【イベント内容】トークショウ&ミニライブ&サイン会

 

【出演】

ウスマン (Tamikrest)

 

【参加方法】

入場自由(但し入場を制限させていただく場合もございます)

イベント当日タミクレスト(TAMIKREST)関連商品をご購入いただいたお客様はサイン会にご参加いただけます。

 

 

【対象商品】

 

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

タミクレスト/キダル

 

TAMIKREST / KIDAL / CD / INR7115 / 2,916円(税込)

●店舗受取での予約はこちら

http://www.hmv.co.jp/productitemstock/stock/7620410?shu=9

●オンライン通販での予約はこちら

http://www.hmv.co.jp/product/detail/7620410

 

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

Chatma

 

TAMIKREST / Chatma / CD / ARPCD5134 / 2,484円(税込)

●店舗受取での予約はこちら

http://www.hmv.co.jp/productitemstock/stock/5638213?shu=9

●オンライン通販での予約はこちら

http://www.hmv.co.jp/product/detail/5638213

 

 

TAMIKREST / Chatma(180グラム重量盤) / LP / ARPLP6138 / 2,700円(税込)

●店舗受取での予約はこちら

http://www.hmv.co.jp/productitemstock/stock/6915960?shu=9

●オンライン通販での予約はこちら

http://www.hmv.co.jp/product/detail/6915960

 

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

⬛︎『TAMIKREST』

http://www.tamikrest.net/

 

タミクレストは2007年、マリ北部の街キダルにて結成。主なメンバーはトゥアレグと呼ばれるサハラ砂漠周辺で暮らす遊牧民で、彼らは1990年に勃発した“トゥアレグ抵抗運動”を圧政するマリ軍の虐殺によって命を落とした家族や友人をたくさん見てきました。そして再び同地域で闘争が勃発した際、リーダーでヴォーカル/リード・ギターのウスマン・アグ・モサが、武器を使わず音楽で抵抗しようと考え結成したのがこのバンドでした。そして2008年に現Glitterbeatのオウナー、クリス・エックマンを擁するダートミュージックと出会い、彼らのアルバムに参加する一方で、クリスのプロデュースで2010年にリリースされた『アダール』を録音しました。続いて11年に『トゥマスティン』、13年に『シャトマ』をリリース、先輩のティナリウェンが作り出したサウンドをさらに発展させ、若々しさや力強さが宿った新鮮な砂漠のブルースを聴かせたこれらの作品で世界的な注目が集まりました。15年のレコード・ストア・デイにはアナログ・オンリーのライヴ盤『タクセラ』をリリースしています。そして2017年発表の最新作『キダル』で、バンドとしての頂点を迎えようとしています。

Tamikrest est un groupe de Kidal , au nord Mali, forme en 2007. Les membres principaux sont touaregs, un peuple nomade du Sahara. Dans les annees 90, ils ont vecu l’insurrection armee touaregue et la repression sanglante de l’armee malienne sur leurs proches et leurs familles. Une autre insurrection pousse le leader Ousmane Ag Mossa a se servir de la musique comme arme de resistance. Tamikrest rencontre en 2008 le musicien de Dirtmusic et producteur actuel de Glitterbeat Chris Eckman et enregistre l’album “Adagh” (2010). En 2011, “Toumastin” puis “Chatma” (2013) projettent le groupe sur le devant de la scene du “Desert Blues” cree par Tinariwen avec un son empli de fraicheur et de fougue. Apres le LP de “Taksera” (2015) voici le nouvel album “KIdal” qui est encore un autre pas vers le sommet.

 

 

<イベント参加に際しての諸注意事項>

・入場(参加)の際は、必ずスタッフの指示に従ってください。

・当日の事故・混乱防止のため、イベントでは様々な制限を設けさせて頂くことがあります。

・当日の状況により、企画内容について変更となる可能性があります。

・運営の妨げとなる行為をされますと会場より退場していただきます。

・イベント当日、諸事情によりイベント自体が中止となる場合がございます。予めご了承ください。

 

 

⬛︎『Caravan to the Future』

https://sahara-eliki.org/

 

監督:Alissa Descotes-Toyosaki(sahara eliki)

フランス・アフリカ・日本を舞台に活躍するジャーナリストのデコート豊崎アリサの初監督作品。1000年も前からサハラ砂漠で続けられているトゥアレグ族の「塩キャラバン」の4ヶ月間にわたる過酷な旅に密着取材し、ソーラーパネル発電エネルギーのみを利用してキャラバン隊の営みと、その自給自足の仕組みを撮影・記録したドキュメンタリー映画。

Née à Paris de père français et de mère japonaise, Alissa Descotes-Toyosaki s’est formée sur le terrain au gré des voyages et de sa double culture. Interprète en Afrique, caravanière et fondatrice de l’association Sahara-Eliki pour dynamiser l’élevage nomade touareg, elle s’oriente vers le grand reportage en 2011 à l’occasion de la triple catastrophe du 11 mars. La problématique du nucléaire la ramènera vers sa terre de prédilection, le Sahara, pour y mener une enquête sur l’uranium au Niger (prix de la meilleure enquête) et commencer un projet sur le thème des peuples autochtones et de l’uranium. En 2016, elle achève la réalisation de “Caravan to the future”, un documentaire de 60′ sur le quotidien d’une caravane de sel pendant 3000 km du Sahara aux portes de l’Afrique noire. Basée entre Tokyo, Paris et Agadez, son thème privilegié de reportage est la survie de l’humain à travers les bouleversements de notre époque.

サハラ・エリキは1998年からニジェールのサハラ砂漠における塩キャラバン等の様々な旅で大きな感銘を受けて2006年に設立された。このアフリカの現地に根付くジャーナリストのデコート・豊崎アリサが代表するサハラ・エリキは牧畜、キャラバンの商い、環境問題などについての専門的な考察を提供し、難問を抱えた地域での遊牧民の指導に尽力している。アルジェリアのジャネットで実施されたラクダ使いの仕事を支援するプロジェクト「働くラクダ」及び「ラクダ乗りキャラバン」は日本のメディアでも広く取り上げられた。2016年にはサハラ・エリキはデコート・豊崎アリサが一人で撮影したテネレ砂漠からナイジェリアまで3000キロを横断する塩キャラバンの旅のドキュメンタリー「Caravan to the future」をプロデュースした。2015年2月以降、サハラ・エリキはウラン鉱山の閉鎖を要求しているニジェールにおけるトゥアレグ族のNPOの活動を支援している。彼らが放牧活動の再開を目指している。2017年9月からサハラ・エリキは塩キャラバン支援プロジェクトをニジェールで開始する予定である。

 

 

⬛︎ 『TAMIKREST』 You Tube
https://youtu.be/u3xhnkqhRw4

https://www.youtube.com/watch?v=cpsv8_taIlw

https://www.youtube.com/watch?v=Ku8j3jFN4NA

https://www.youtube.com/watch?v=SjbvJpFhqEY

 

 

⬛︎『Caravan to the Future』

https://www.facebook.com/events/914689385334071/permalink/922204251249251/
https://vimeo.com/164866129

https://vimeo.com/167078927

 

 

お問い合わせ:

★HMV record shop 渋谷 03-5784-1390

 

SHARE