【8/27 14:00 START】MAMMOTH×HMV record shop渋谷「レコ屋と楽器」

今年3周年を迎えるHMV record shopで、MAMMOTH主催イベント「〇〇と楽器」シリーズが開催!
餃子屋や蕎麦屋やカレー屋や古民家など、都内各所のエキセントリックなスペースで開催しては大盛況を納め続けるマンモス主宰のニューウェイヴパーティ「○○と楽器」シリーズが、HMVの協力のもとインストアライブイベントとして帰ってきました!

ノイズにサイケにポエトリー、ダンスにパンクにブレイクコア!
完全に営業妨害・出禁必至のナンセンスパーティを渋谷カルチャーの中心地・宇田川町はHMV RecordShop 渋谷店の1階スペースにてなかばゲリラ的にブッ放します

入場はもちろん「無料」→ この日でしか買えない?!各バンドの音源やグッズなどを即売しますのでお見逃しなく。

【Artist】
◆MAMMOTH

mammoth

破壊したオモチャや改造ラジカセ、植物から集音した電磁波やカメラのシャッター音などをリアルタイムに操作・演奏してノイズビートを繰り出すニュースクール・ノイズバンドMAMMOTH(マンモス)。HIP HOPの視点からノイズへアプローチする日本人初のバンド。

MAMMOTHのサウンドは空気を裂くノイズであり、アカデミックなドローンアンビエントであり、時にHIP HOPやTechnoであり盆踊りであり、ポエムコアであり狂人ドラム大会であり、コロコロコミックでありコミックボンボンであり太宰治であり、結局とりとめのないまま空中を回転しながら都内を中心に全国各地のドヤ街を彷徨い続けている。

2015年8月 1st Cassette Tape「Mammoth Tape vol.00」をリリース。
2016年6月 デザインアンダーグラウンド・松崎 順一著「ラジカセ for フューチャー: 新たに根付くラジカセ・カセット文化の潮流」(誠文堂新光社)にて、MAMMOTHの活動が特集される。
2016年6月 故・中西俊夫(Plastics/Melon )らと共にDOMMUNEへ出演。
2016年12月にPsymaticsより待望の1st CD Album「東京都」をリリース。アルバムアートワークは和田ラヂヲが手がけた。
オフィシャルサイト:
http://www.mmth.tokyo

[MV]z.j.a.n.:

全曲入りトレイラー:

◆NINJAS
NINJAS
We like what you don’t like.
2015 first album 「DORON」

2017 2nd album 「JAP」
◆THE天国畑JAPON

S__4227079

2008年結成。東京を拠点に、日本全土、タイランド、台湾、韓国など、アジア諸国で精力的に活動を展開する完全無所属 D.I.Y.3ピース Japanese Super Freak Band !!!
今冬、約4年振りとなる待望の3rd ALBUMのReleaseが予定されている。
パンクロッカー労働組合/ヘンタイカメラ ブギウギオールスターズのメンバーとしても活動中。

The Tengokubatake Japon
L→R
Chang Ohta (Drums & Chorus)
Ryo Kiriakehata (Bass & Vocal)
Naichan Oppy (Guitar & Chorus)

[Official Site]
http://tengokubatake.com/
[Official Facebook]
https://www.facebook.com/tengokubatake/
[Official Twitter]
https://twitter.com/kiriakehata36

◆Kazehito Seki

11958073_865548410228402_137835463185596501_o
東京〜ベルリンを拠点に、ノイズとハードコアの交錯点を探るVoice x Noiseアーティスト。
Voizセットでは、エレクトロニックなエフェクト類を使用せず、シンプルに電気増幅したマイクのみを使う。その幅広い音スペクトラムは「声」に楽器として新たな解釈を与え、繊細なアンビエンスから暴力的ハーシュノイズまでをマイクロ秒単位で奔走する。
Self Toxicationセットはミキサーとステレオマイクによるフィードバックにフォーカスしたプロジェクト。シンプルでありながら、帯域/音量/タイム感/質感/定位をフルレンジで縦横無尽に活用したコンポジションは、変幻自在のダイナミクスを産む。

2006年活動開始。エクスペリメンタル/カットアップ/グラインド/サッドコア/スラッジ/ドローン/ノイズロック/“Voiz” クワイヤ、等といったキーワードの他、インスタレーション/ビデオフィードバック/舞踏他とのコラボレーションも。
Ende Tymes Festival (2017 / US), MultiDOM (2016-17 / ES, FR, GB, NL, GR, NO, DK), ART MEETING (2016, 14 / JP), LUFF (2016, 15 / CH), FRIV Festival (2016 / PL), MultiMadeira (2015 / PT), 他

Links

Self Toxication
https://goo.gl/3LXvv4
“20000v of Self Toxication for your ears” / 20000v (JP) / 2017

Live at Ende Tymes 777, Silent Barn (US) / 2017
Voiz

“Heart Attacker” / LAS (PL) / video by Patryk Lichota / 2015
Soundcloud https://soundcloud.com/unkodaisuki
FB https://www.facebook.com/kazehito

◆EMARLE

emal

東京都出身。 ジャンルに囚われる事のない自由な発想での選曲に定評があり、ソウル、ワールドミュージック、電子音楽、現代音楽、サイケデリックロック、プログレッシブロック、ノイズなど、あらゆる音楽を重複する実験的なプレイでねっとりもったり踊らせる。2017年からAI.U(NINJAS)とのエクスペリメンタルDJユニット0120としても活動している。

■Entrance
FREE!!!

■Open/Start
14:00⇒

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷 1F/2F
03-5784-1390

 

※詳細は追って更新致します!!

SHARE