満島ひかり 新曲12インチアナログ「群青」好評発売中!

満島ひかりのボーカル楽曲「群青」。EGO-WRAPPIN’ プロデュースのもと制作された同曲は、既に配信リリースされ話題となっているが、かねてからアナウンスされていた通りアナログでリリースされる事が決定した。

作品は、12インチアナログ盤としてリリース。A面には表題曲「群青」、B面には同楽曲の ultramarine dub mix が収録される。

アートワークは、コ-ネリアスをはじめとする数多くのジャケットデザインで知られる北山雅和が担当。配信ジャケットは、楽曲の持つイメージから連想された生命を彷彿とさせるグラフィックに、十字架を模したタイトルを満島ひかり自身が書き入れることで完成していたが、アナログ用に新たなアートワークでは、海辺での満島ひかり自信の写真というエッセンスを加え、”アナログ” らしい温度感を感じさせるジャケット(ページ上部掲載)となった。

また、ライナーでは、歌詞を手がけた中納良恵自らの手書き文字があしらわれるなどディテールまでこだわった作品となっている。

発売は10月7日(土)。HMVのrecord shop 3店舗(渋谷、新宿ALTA、コピス吉祥寺)では、9月30日(土)より先行販売される。

 

Music Video も公開

Music Video の監督はコトリフィルムの島田大介が担当。海面と水中の境目を、”生と死” の境と捉え、海と一体となったその境界における感覚を表現した映像作品となっている。

満島ひかり コメント

EGO-WRAPPIN’ のふたりの曲と、わたしの声と、静かに寄りそってくれるミュージックビデオが完成しました。
光と水の世界は、透明でちょっとこわいです。
けれど、見ていていい感じの気分になりました。

監督 島田大介 コメント

海面と水中の境目は生と死の境に感じる時があります。
海と一体になった時安らぎを感じたり、 急に恐怖を感じたり。
楽曲を聞いた時のそんな感覚を表現しました。

 

楽曲誕生のいきさつ

この夏劇場公開され、4年ぶりの満島ひかり単独主演で話題となっている映画『海辺の生と死』。戦後文学史に強烈な印象を残す傑作「死の棘」を世に放った島尾敏雄と、その妻である島尾ミホ。この夫婦の生き様と、物語の舞台となった奄美群島・加計呂麻島から美しいイマジネーションを受けた満島ひかり自身が、映画とはまた違ったアプローチで“愛のものがたり”を語りつぎたいと、EGO-WRAPPIN’ に楽曲提供のオファーをし、その思いにふたりが共鳴する形で「群青」と言う音楽作品が誕生した。

テレビドラマ『トットてれび』での中納良恵(笠置シヅ子役)との共演や、EGO-WRAPPIN’ 恒例の年末ライヴ “Midnight Dejavu” へのゲスト出演など、兼ねてより親交を深めていた両者。今回のレコーディングでは、EGO-WRAPPIN’ の二人も演奏で参加し、中納良恵がコーラスを担当した。映画からのインスパイアソングとして、幻想的で美しい楽曲に仕上がっている。

※商品情報

9月30日(土)  HMV record shop3店舗にて先行発売
満島ひかり『群青』 12インチアナログ
¥2,200+税  HR12S005

店舗での予約はこちら
ローチケHMVでの予約はこちら

ローチケHMVでの購入に関しまして
※本商品はお一人さま3枚までとさせて頂きます。

HR12S005_gunjo_cover_500
<収録曲>
Side A:
1. 群青 -main mix-
Side B:
1. 群青 -ultramarine dub mix-
2. 群青 -instrumental-

 

SHARE