大貫妙子 名盤ソロ1st『Grey Skies』がアナログに『SUNSHOWER』のアンコールプレスも!

8月にテレビ東京系の人気バラエティ番組「Youは何しに日本へ?」にて、大貫妙子『SUNSHOWER』のアナログを探すために来日したアメリカ人音楽ファン密着ドキュメントが放送された事をきっかけに、再々プレスされた永遠のマスターピース『SUNSHOWER』のアナログ盤LPも即完売するなど、何度目かの再評価の波が訪れている大貫妙子。

このたび、そのソロ出発点となったファーストアルバム『Grey Skies』(76年作品)が、アナログ盤LPとしてリリースされる事が決まった。『Grey Skies』は、シュガー・ベイブの活動を終えた大貫妙子が、山下達郎、細野晴臣、ティン・パン・アレー、矢野誠、そして坂本龍一らの協力を得て作られたファーストソロアルバム。キャリアの中でも、『SUNSHOWER』と並び人気の高い名盤だ。

さらに、このリリースに合わせ『SUNSHOWER』のアンコールプレスも決定。発売はどちらも12月20日。

 

【商品情報】

2017年12月20日 発売

大貫妙子 『Grey Skies』【LP】
CRJ1013 ¥ 3,500+税

店舗での予約はこちら
ローチケHMVでの予約はこちら

CRJ1013jk500

1976年リリースの大貫妙子のファーストアルバム。シュガー・ベイブの活動を終えた大貫妙子が、山下達郎、細野晴臣、ティン・パン・アレー、矢野誠、そして坂本龍一らの協力を得て完成させた作品。

シュガー・ベイブ時代にライブで披露していた「時の始まり」「約束」「愛は幻」や、シュガー・ベイブ結成前に書かれたオリジナル曲「午后の休息」が収録されている事もあり、シュガー・ベイブからの流れも色濃く感じられる。また、この時点で、坂本龍一をはじめとした、その後深く関わりを持っていくミュージシャンと出会っている点も興味深い。

日本のポップス史において女性シンガー・ソングライターの礎を築いた重要な作品。キャリアの中でも、『SUNSHOWER』と並び人気の高い名盤だ。

<収録曲>

Side A
1. 時の始まり
2. 約束
3. One’s Love
4. 午后の休息
5. 愛は幻

Side B
1. Wander Lust
2. 街
3. いつでも そばに
4. When I Met The Grey Sky
5. Breakin’ Blue

 

 

大貫妙子 『SUNSHOWER(アンコールプレス)』【LP】
CRJ1011 ¥3,241+税

店舗での予約はこちら
ローチケHMVでの予約はこちら

CRJ1011jk

1977年リリースの大貫妙子のセカンドアルバム。シュガーベイブの延長にあったファーストアルバム『Grey Skies』から約1年。当時巻き起こり始めていたフュージョン、クロスオーバーの要素もいち早くキャッチしたサウンドアプローチ、軽快なリズムとグルーヴが溢れる演奏が印象的な作品。シティポップ創世記の1枚としても名高く、40年を経た現在の若い音楽ファンにも聴き継がれている大名盤だ。

参加ミュージシャンも、STUFF のドラマー、クリス・パーカーをはじめ、坂本龍一、今井裕、大村憲司、松木恒秀、後藤次利、斎藤ノブ、山下達郎、細野晴臣、渡辺香津美、清水靖晃、向井滋春、鈴木茂、村上秀一、林立夫、松任谷正隆… と最強の布陣。

大貫妙子と言えばこの曲「都会」をはじめ、「SUMMER CONNECTION」「くすりをたくさん」「何もいらない」「誰のために」など、色褪せない名曲の数々を収録。音楽を愛好するものが、避けては通れない作品。

<収録曲>

Side A
01. Summer Connection
02. くすりをたくさん
03. 何もいらない
04. 都会
05. からっぽの椅子

Side B
01. Law Of Nature
02. 誰のために
03. Silent Screamer
04. Sargasso Sea
05. 振子の山羊

SHARE