<近日入荷予定>BEVERLY GLENN-COPELAND カナダのSSWが1986年に残した自主制作カセット音源LP化

BEVERLY

BEVERLY GLENN-COPELAND / KEYBOARD FANTASIES(LP/3240円)

70年代前半に残したジャズフォーク作品が一部のACID FOLKファンなどに知られているカナダのシンガーソングライター。セサミストリートをはじめとした子供向け番組への曲提供などをしていた期間を経て、数十年後となる1986年に自主制作で発表したカセットテープが本音源となります。使用されているのは簡単なリズムマシンとシンセサイザーのみ。トランジェスターである彼の(当時は女性)不思議に揺らぐ歌声と、艶やかなシンセのメロディーやトイフルなシーケンスが空間に滲んでいく、穏やかな雰囲気に満ちた宅録アンビエントの傑作です。ざらついたカセットテープの音色が魅力的でしたがLPのクリアな音で聴くのもまた最高です!! (國友)

▽▼併せてコチラも入荷予定です。▼▽

VITO

VITO RICCI / A SYMPHONY FOR AMIGA(LP/3240円)

MUSIC FOR MEMORYの再発によって一気に知名度を上げた80年代NYの作家VITO RICCI。1985年に出たコンピューター『Commodore Amiga』でLAURIE SPIEGELが開発したソフトウェア『Music Mouse』を使用して制作された音源。これがAMIGAのイメージを覆す非常に奥行きのある空間がデザインされたアンビエント作品となっています。時にリズミックに、時にトイフルに刻むシーケンスと生き物のように電子メロディの粒子が空間を飛び交う、おそらく当時リリースされていたら今頃は貴重盤としてオークションを賑わせていたんじゃないかと想像できるような驚愕音源の登場です。(國友)

 

SHARE